MENU
050-5360-1350
お問い合わせ
サービス/事業案内
Column
TCPDFにIPAexフォントをインストールしてPDFを生成する方法

TCPDFにIPAexフォントをインストールしてPDFを生成する方法

PHP ロゴ

    TCPDFはPDFを生成するフリーのPHPライブラリ

    TCPDFはHTML形式のソースを元にPDFドキュメントを生成できるPHPライブラリです。すべて無料で使用できるオープンソースとなっています。少々癖はありますが日本語を含むPDFを出力できます。文章をPDFでダウンロードさせたいコーポレートサイトやWEBサービスで活用できます。

    TTF形式のフォント(IPAexフォント)をダウンロード

    TCPDFはTTF形式のフォントをTCPDFで使用できる形式に変換して使います。このためTTF形式のフォントを用意する必要があります。今回はIPAexフォントを使用します。

    IPAexフォントは独立行政法人情報処理推進機構が配布している無償の日本語フォントで、TrueType(TTF)のフォントが用意されています。

    IPAexフォントをインストールするため下記URLから明朝とゴシックの両方をダウンロードしておきます。

    zipファイルを解凍して中にある下記のファイルを用意しておきます。
    ipaexg.ttf(ゴシック)
    ipaexm.ttf(明朝)

    フォントをTCPDFにインストール

    ダウンロードしたIPAexフォント(TTF形式のフォント)を TCPDFが置かれているディレクトリ配下の tcpdf/tools/ へ移動させます。

    tcpdf/tools/
    ここにttfフォントを移動させておく。

    tcpdf/tools/tcpdf_addfont.php を実行してフォントをTCPDFに追加します。

    事前にカレントディレクトリをtcpdf/tools/へ移動しておきます。
    ターミナルで以下のコマンドを実行します。

    user:tools ozaki$ php tcpdf_addfont.php -b -t CID0JP -f 32 -i ipaexm.ttf

    >>> Converting fonts for TCPDF:
    *** Output dir set to /Users/ozaki/Dropbox/sites/nm/_bill/tcpdf/fonts/
    +++ OK   : /Users/ozaki/Dropbox/sites/nm/_bill/tcpdf/tools/ipaexm.ttf added as ipaexm
    >>> Process successfully completed!

    OKが出力されたら成功です。
    TTF化したnotosansフォントは成功しませんでした。
    成功するとfontsフォルダにファイルが作成されます。
    ipaexg.php
    ipaexm.php
    PHPプログラムの中でフォントを指定するには作成されたファイルのファイル名の部分をフォント名に指定します。
    $pdf->SetFont(‘ipaexg’, ”, 8);